強さランキング 終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】最強キャラ強さランキング【2021年最新】

今回は終末のワルキューレの最強キャラランキング2021年最新版を徹底的に紹介していきます。

概要から作中での活躍まで紹介しているので、興味のある人はぜひ最後までご覧ください。

なおランキングは筆者の主観となります。

 

ネタバレが含まれますので注意してください

 

 




 

終末のワルキューレ:最強キャラ強さランキング 第1位〜第3位

第1位:ゼウス

ラグナロク第2回戦 神側闘士で、ギリシャ神話の最高神であり、ヴァルハラ評議会の議長。

「全宇宙の父(ゴッドファーザー・オブ・コスモス)」の異名を持ちます。

 

若い時には、当時宇宙最強と謳われたクロノスに勝利。

戦闘時には筋肉が肥大し見上げるほどの巨漢へと変貌し、武器は使用せずに自身の肉体のみで闘い、その拳は音速を超えるほどです。

 

超音速の拳を連打で繰り出す「黄昏流星群(メテオジャブ)」や、衝撃で地面が抉れるほどの蹴りを放つ「神の斧」のほか、アレスやヘルメスですら目視できない「時を超える拳」を繰り出すことが可能。

肥大化した筋肉を自ら絞り上げ、極限まで圧縮することにより最終形態「阿陀磨須(アダマス)」になれます。

 

第2位:トール

ラグナロク第1回戦 神側闘士で、北欧神話最強と謳われる戦神「雷の狂戦士」の異名を誇る雷神。

武器は身の丈を上回るほどの巨大な戦鎚「ミョルニル」と、鉄製の手袋「ヤールングレイプル」を使用しています。

 

かつて天界のアースガルズに侵攻してきた巨人軍66体を単独で殲滅するほどの実力を有しており、覚醒したミョルニルの投擲は圧倒的な命中率を誇ります。

さらに、投擲したミョルニルの速度と遠心力を矯めて放つ「覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー)」は圧倒的な威力を持ち、呂布奉先の「天喰」を打ち破り見事勝利を収めました。

 

第3位:アダム

ラグナロク第2回戦 人類側闘士で、最初の人類にして最初の男「全人類の父」

人類の中で最も神に近しい存在です。

 

武器はレギンレイヴが神器錬成した「メリケンサック」を使用。

自身が目にした神の技を全てコピーできる「神虚視(かみうつし)」を使用することが可能で、ゼウスの音速を超える連撃や、「時を超える拳」すらも避け続けるほどの回避力を有します。

 

神々の目前で善悪の実を喰らった上で蛇神を瞬殺して楽園を去り、ゼウスの連続攻撃を受けるほどの耐久力を誇り、目が見えなくなってもゼウスを捕捉しました

 

終末のワルキューレ:最強キャラ強さランキング 第4位〜第10位

 

第4位:佐々木小次郎

ラグナロク第3回戦 人類側闘士で、宮本武蔵との巌流島での決闘で知られる剣士。

武器はフリストが神器錬成した「備前長光尺余寸」を使用しています。

 

死後数百年も岩流の進化と剣の道を磨き続けたことにより、常に成長し続けて全盛期を保っており、初見の相手でも呼吸や歩き方などの僅かな情報をもとに、前もって攻撃パターンを経験できる「千手無双」という境地に達することが可能です。

刀を上段から超高速で振り下ろし下段からさらに第二刀を放つ「燕返し」や、空気の流れや地面の振動などの森羅万象を読み完璧に攻撃を先読みできる「萬手無双」を開眼しています。

 

自らが生前に戦った剣士たちの技や戦法も「千手無双」により使うことが可能で、幾多の剣士たちの技や戦法の集大成「二天岩流」は武蔵が天下無双と断言するほど。

作中では「二天岩流奥義・双斬虎万刃繚乱」により、ポセイドンの片腕をトライデントごと切断しました。

 

第5位:ポセイドン

ラグナロク第3回戦 神側闘士で、オリュンポス12神に名を連ねる海洋神。

通称「大海の暴君」および「海のゼウス」

 

自らは動かず、間合いに入った敵を一撃で迎撃する戦闘スタイルを好んでおり、超高速での移動や攻撃を得意としています。

トライデントでの超高速連続突きを放つ「怒れる波濤(アムピトリテ)」・「荒海に降る神雷(キオネテュロデーメテール)」や、敵を囲むように全方位から超高速で連続突きを放つ「四十日四十夜の大洪水(メドゥーサアロペデーメテール)」などを扱い、佐々木小次郎を追い詰めました。

 

第6位:釈迦

ラグナロク第6回戦 人類側闘士で、仏教の開祖

タンクトップにサンダル、サングラスに大きな耳飾りなどユルい格好をしています。

 

かつてシャカ族の王子でしたが、兄の死を契機に我が道を歩んだことで悟りを開き釈迦となりました。

仏陀のみが辿り着ける境地「正覚阿頼那識」により、未来を見通すことが可能です。

 

釈迦の感情により様々な形に変形する神器「六道棍」を使用しており、「七難即滅の盾(アムヒサー)」により、超巨大化した零福の「斧爻(ふこう)」の一撃を受け止めました。

また、「正覚涅槃棒(ニルヴァーナ)」により、零福に超高速のカウンターを打ち込み勝利しています。

 

第7位:呂布奉先

ラグナロク第1回戦 人類側闘士で、三國時代最強と謳われる「中華最強の英雄」

武器はランドグリーズが神器錬成した「方天戟」です。

 

幼少期から最強を求め続けた結果、生涯互角に渡り合える相手が現れなかったほどの強者で、トールの「覚醒雷槌」を受け止めるほどの耐久力を持ちます。

力を矯めて方天戟を振る「天喰」は大気を両断するほどの威力を誇り、トールと互角に渡り合いました。

 

第8位:零福

ラグナロク第6回戦 神側闘士で、七福神の一柱「毘沙門天」が、他の六神と一つに成ることで降臨する、災いを齎らすとされる神

かつて人々の不幸を吸い続け、釈迦への嫉妬から七福神へと分裂しました。

 

不幸を吸うほど巨大化し、それと同時に破壊力を増していく神器「斧爻(ふこう)」を使用。

地面を破壊して隆起させるほどの威力を誇り、相手が回避できないほど巨大化させて攻撃を繰り出すことも可能です。

 

第9位:シヴァ

ラグナロク第5回戦 神側闘士で、インド神話の破壊と創造の神であり、印度神1117神の頂点

通称「宇宙の破壊神」

 

かつて印度神界の強神1115柱の神々とルドラを倒したことで印度神界の頂点へと上り詰めました。

独特なリズムによる予測不能な絶え間ない連撃を得意としており、必殺舞踊「輪廻舞踊(ターンダヴァ)」は、身体を超燃焼させて攻撃力を大幅に向上させることが可能

 

筋肉を瞬時に炭化できる超高熱の炎を身体に纏わせる「輪廻舞踊・灰塵(ターンダヴァ・カルマ)」や、「大切炎舞(デーヴァローカ)」を駆使して、雷雷為右衛門に勝利を収めました

 

第10位:雷雷為右衛門

 

ラグナロク第5回戦 人類側闘士で、江戸時代に活躍した力士。

相撲2000年の歴史の中で、誰しもが認める史上最強の力士です。

 

神器はスルーズが神器錬成した「長筋外骨締廻」であり、本来制御不能な筋肉を自分の意思で自由自在に扱うことが可能、身体の筋力を腕や脚などに集中させることができます。

幼少期は暴走する筋肉圧を抑え込むため「百閉」という新たな筋肉を作り上げ、かつて20年以上もの間土俵の帝王として存在していたため「無類力士」と呼ばれていました。

 

「飛び蹴り(ミサイルキック)」「ロシアンフック」といった相撲以外の様々な格闘技も使用しており、超人的な握力によってシヴァの腕を握り潰しています。

また、腕の筋肉を超肥大化させることで盾のように使用する「深山」や、全武力を手に込めた突っ張り「八咫烏」といった強力な技で、シヴァと互角に渡り合いました

 

終末のワルキューレ:最強キャラ強さランキング 第11位〜第12位

 

第11位:ジャック・ザ・リッパー

ラグナロク第4回戦 人類側闘士で、19世紀の英国を震撼させた「霧の殺人鬼」

貴族階級を思わせる老紳士の格好をしており、右眼で目視した相手の感情をさまざまな色によって判別することが可能です。

 

嘘で相手を翻弄し奇襲を仕掛ける戦闘が得意で、ロンドンの街中にさまざまな罠を仕掛けたり、ナイフを使用した飛び道具や二丁拳銃での攻撃を披露しています。

また街中にあらかじめピアノ線を張り巡らせておき、それを利用した立体起動なども行っていました。

 

高い戦闘技術を有しており、ヘラクレスの攻撃を傘で受け流したり、自身が投げたナイフの軌道を自在に変化させることが可能

神器はフレックが神器錬成した両手の手袋であり、その手袋で触れた瓦礫や建物・血といったあらゆるものを神器へとなります。

 

作中では、時計塔の時計を神器へと変化させて投げることで、ヘラクレスの片腕を切断。

最終的に手袋に付着した血液を神器化させた手刀を突き刺す「Dear GOD」により、ヘラクレスに勝利しました

 

第12位:ヘラクレス

ラグナロク第四回戦 神側闘士で、ギリシャ神話の半神半人「不屈の闘神」と呼ばれています。

十二の難業を成し遂げたことで、十二の神技である「十二の災禍と罪過(エルキュール・エグゾダス)」を使用することが可能

 

かつて神軍の先鋒を単独で壊滅させているほか、軍を率いていたアレスとも互角に渡り合っています。

 

広範囲に衝撃波を巻き起こす「大地を喰らう咆哮(ネメアの獅子)」や、突風を巻き起こす「飄風を呼ぶ鳥(ステュムバリデスの怪鳥)」などの御技を使用可能です。

強靭な心を誇り、入れ墨の痛みやジャック・ザ・リッパーの様々な攻撃にも怯まなかっただけでなく、片腕を失った状態でジャックザリッパーを追い詰めました

 

スポンサーリンク

-強さランキング, 終末のワルキューレ

© 2021 96にゃんブログ Powered by AFFINGER5