転スラ

【転スラ】真の黒幕|神楽坂優樹の目的や強さ&能力 死亡した理由も

 

シズの元弟子であり自由連合の総帥、

そしてリムルとは漫画話で花が咲いた神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)」。

 

しかし実は、

さまざまな出来事に大きく関わっている人物なんです

 

今回は、

そんなユウキ・カグラザカについて、

徹底的に解説していきたいと思います。

 

ネタバレが含まれますので注意してください

 

 




転スラ | 真の黒幕、神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)の目的とは

 

神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)

出典:「転生したらスライムだった件」より | ©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

元の世界で、

居眠り運転をしていたトラックによって両親を亡くしたユウキは、

理不尽な社会に対して復讐を決意

 

しかし、

いくら超能力を持つとはいえ、個人の力で国を相手に戦えるはずもなく、

頭のいいユウキは自分の限界をすぐに悟ってしまいます。

 

そんなユウキを自身の依代にしようと異世界から召喚した

魔王カザリーム」。

 

しかしこの際に、

ユニークスキル「創造者(ツクルモノ)」を獲得していたユウキは、「能力封殺(アンチスキル)」を生み出し、逆に自身の体にカザリームを精神体として取り込んでいます。

 

その後ユウキは、

この世界が弱肉強食を基本とした、不完全な世界であること知り、

みんなが楽しく暮らせる世界を目標として「世界征服」を目論みます。

 

MEMO

ユウキはカザリームを取り込んだことで、この世界の理不尽さを理解しています。

カザリームの記憶からそれを理解したと思いますが、それは魔王レオンに負けたことだけではなさそうです。

ユウキが感じた『理不尽さ』とはいったいなんだったのでしょうか。

 

転スラ | 神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)の真の正体とは

 

結論からいうと、ユウキの真の正体は

自由連合総帥であり中庸道化連のボス」。

そのようになった経緯を簡単に説明していきます。

 

ユウキはシズに拾われますが、

その時点ですでにシズにも勝る能力をユウキは持っていました

 

そして、

西側諸国を裏で支配していたロッゾー族の支援を受け、

冒険者互助組合を自由組合にまで発展させたユウキは、

「自由組合総帥・最高責任者」という立場へと就くことになります。

 

その一方で、

東の商人ダムラダにも才能を見出されていたユウキは、東の帝国で暗躍していた闇の母エキドナを潰して、

秘密結社「三巨頭(ケルベロス)」を設立。

 

この間は、中庸道化連を金で雇い動かしていたユウキですが、

ユウキの世界征服という野望に心を打たれたカザリームが

ユウキを「真の主」として認めたことで、正式に中庸道化連のボスとなりました

 

こうしてユウキは、

表向きは自由連合総帥、

裏の顔は三巨頭のボスとして活動を進めていくわけです

 

 

転スラ | 真の黒幕、神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)の強さと能力を解説!

 

リムルとの初対面で、

自分はスキルを獲得していないと説明したユウキですが、

実際はユニークスキル「創造者(ツクルモノ)」を獲得しています。

 

創造者とは、

ユニークスキルを創り出すことができる能力であり、

これを使いユウキは、「能力封殺(アンチスキル)」を創り出しています。

 

能力封殺は、

能力や魔法をすべて無効化することが可能なスキルです。

ところが欠点もあり、

魔法とスキルを融合した技術に対しては、

同時にその性質を打ち消すことはできません。

 

また究極能力強欲之王(マモン)を有しており、

相手の心や命、能力など様々なモノを奪うことが可能

情報の改竄も可能で、

強制的に相手を配下に加えることもできます。

 

転スラ | 真の黒幕、神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)の立ち位置

黒幕と囁かれているユウキですが、

web版と書籍版では大分内容が異なっていますよね。

 

確かにweb版では、

冷酷さを秘めたラスボスでした。

ですが書籍では、

黒幕というよりかは「もう1人の主人公」のような雰囲気で、異なる点が多いです。

 

例えば、

  • クレイマンを真に操っていたのは近藤だった
  • 盗まれた勇者クロノアの肉体の在処すら知らないまま調査を終了
  • 「勇者育成プログラム」なる設定が出ていない
  • ギィの監視下に置かれている

などですね。

 

転スラの書籍版は、

加筆修正が多いうえに伏瀬先生も別ものだと明言しています。

なので、

ラスボスがweb版のようにユウキだとは限らないのではないでしょうか

 

転スラ | 書籍18巻で死亡!?神楽坂優樹(ユウキ・カグラザカ)の命運


最後に、

書籍18巻のネタバレを少しだけ紹介していきたいと思います。

 

ネタバレが含まれますので注意してください

 

東帝国でクーデターを起こしたユウキたち。

しかし、

究極能力「正義之王(ミカエル)」に身体を乗っ取られたルドラの能力、

「王権発動(レガリアドミニオン)」によって操られてしまいます

 

唯一支配が及ばなかったラプラスが、

リムルたちに助けを要請。

 

ですが戦いに参戦したユウキが、

カガリやフットマン、ティアたちの支配を解こうとするのです。

 

実は、支配されたのはユウキではなく

ユウキの中にある究極能力強欲之王(マモン)の自我でした。

 

さらにカガリの能力「支配之王(メルキゼデク)」を「権能奪取」によって奪ったユウキ

これによってカガリもミカエルの支配から逃れ、

フットマンとティアも我に返ります。

 

その様子を見ていた、

ミカエルの協力者である妖魔王フェルドウェイは、ユウキの「権能奪取」を危険だと判断

全力で叩き潰そうとしてきます。

 

勝てないと踏んだユウキは、

逃げようとするのですが、ここでまさかの裏切りに遭います

 

窮地に追い込まれたユウキたちは、

フェルドウェイの猛攻から逃れられるのでしょうか?

 

おすすめ記事

アダルマン

2021/9/6

【転スラ】リムルの仲間「アダルマン」の強さや能力!声優についても徹底解説

  今回は、リムルの仲間となる「アダルマン」の強さや能力、特徴・声優まで徹底的に解説していきたいと思います。 また、アダルマンが本気を出せばシュナたち全員が敗北していた理由についても解説していますので、最後までご覧ください。   見た目はどう見ても悪役の「アダルマン」ですが、 そんな姿からは想像できないほど素直な存在です。   クレイマンの配下としてシュナの前に立ち塞がった際は、 謎に神聖魔法に対してこだわりを見せていました。   ネタバレが含まれますので注意してく ...

ReadMore

アピト

2021/9/13

【転スラ】ゼギオンと登場した「アピト」の正体と強さ!声優についても

  今回は、転スラ日記にてゼギオンと共に登場した「アピト」の正体や強さ、声優についてまでを徹底的に解説していきたいと思います。   テンペストの蜂蜜収集家アピト。   漫画・アニメ共に数少ない登場ですが、 意外と好戦的な一面を持っているアピトの本性についても解説していますので、最後までご覧ください。   ネタバレが含まれますので注意してください   もくじ転スラ:ゼギオンと登場したアピトの特徴転スラ:ゼギオンと登場したアピトの正体転スラ:ゼギオンと登場した ...

ReadMore

ゼギオン

2021/9/13

【転スラ】進化したゼギオンの強さや種族!能力・声優についても

  今回は進化したゼギオンの強さや種族から、能力・声優まで徹底的に解説していきたいと思います。   リムルの配下の中でも圧倒的な強さを持っている迷宮十傑の「蟲皇帝ゼギオン」。 そんなゼギオンの能力や功績、声優について詳しく見ていきましょう。   ネタバレが含まれますので注意してください   もくじ転スラ:ゼギオンとリムルの出会い転スラ:ゼギオンの進化転スラ:ゼギオンの強さと究極能力ゼギオンの究極能力「メフィスト」転スラ:ゼギオンの技転スラ:ゼギオンの声優は誰?ゼギオ ...

ReadMore

ソウエイ

2021/9/13

【転スラ】ソウエイの強さや能力(スキル)声優についても

  今回は転スラに登場する「ソウエイ」の強さや能力、 声優についてまで徹底的に解説していきたいと思います。   分身術や二刀流などを駆使して、圧倒的な強さを誇るソウエイ。 なぜ強いのか、その強さの要因や能力について見ていきましょう。   ネタバレが含まれますので注意してください   もくじ転スラ:ソウエイとはソウエイの役職「隠密」転スラ:ソウエイの強さソウエイの能力(スキル)転スラ:ソウエイの究極能力「月影之王(ツクヨミ)」並列存在月の瞳転スラ:ソウエイの声優さんは ...

ReadMore

ルミナス

2021/9/13

【転スラ】ルミナスの強さやヒナタ・クロエとの関係性&声優についても

  今回紹介するのは、 魔王の中でも比較的出番の多い「ルミナス」。   ヒナタやクロエとの関係も紹介しますが、 クロエの時間跳躍や、何故ヒナタが居るのかについては割愛しています。   ネタバレが含まれますので注意してください   もくじ転スラ:魔王ルミナスとは転スラ:魔王ルミナスの強さ・能力についてルミナスのユニークスキル・色欲者(ラスト)ルミナスの究極能力「色欲之王(アスモデウス)」転スラ:ヴェルドラを憎む魔王ルミナスの過去転スラ:魔王ルミナスの統治!転スラ:魔王 ...

ReadMore

 

まとめ:【転スラ】真の黒幕|神楽坂優樹の目的や強さ・能力を徹底解説!

 

今回は、ユウキ・カグラザカの目的や強さ・能力について解説してきましたが如何だったでしょうか?

 

web版とは全く異なる内容が待ち受けていることが伝わったと思います。

 

個人的には、ここまで心理描写が詳しく描かれたユウキには活躍を期待しています。

書籍18巻のラストが衝撃的だったので、そう思わずにはいられませんよね。

 

未だ復活の兆しを見せないヴェルダナーヴァについても気になる所です。

Web版に登場したヴェルダナーヴァの能力をほぼ再現できる「情報之王」。

書籍でもこのチート能力が登場することはあるのでしょうか?

書籍19巻が待ち遠しいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

-転スラ
-,

© 2021 エンタメボックスメディア Powered by AFFINGER5